ウィークリーセミナー スケジュール

第1回 第2回 第3回 第4回

 5月24日(水)
JFMA賞シリーズ-1【見学会】
第11回JFMA賞 優秀FM賞

《 JFMA会員限定 》


株式会社フジクラ本社


[WS0507]
 5月31日(水)
JFMA賞シリーズ-2
第11回JFMA賞 技術賞


輻射空調による快適性と
省エネの両立ができる
ワークプレイスの実現


(株)トヨックス 岩田博樹氏

[WS0508]




















 6月14日(水)
JFMA賞シリーズ-3【見学会】
第11回JFMA賞 優秀FM賞

《 JFMA会員限定 》


コニカミノルタ株式会社
研究開発棟


[WS0509]
 6月28日(水)
JFMA賞シリーズ-4
第11回JFMA賞 優秀FM賞賞

文化財として保存した
庁舎の活用と
FMサイクルの浸透


愛媛県鬼北町

[WS0510]



















※ スケジュールは予告なく変更することがあります。ご了承のほどお願い申しあげます。
※ 各回の定員は20〜30名。時間は18時15分〜20時予定。(見学会は別途設定)
※ 開催場所は原則JFMA会議室。(見学会は現地集合)
※ 参加費は会員2,000円、一般3,000円です。当日現金または回数券にてお支払い下さい。
※ セミナーの受講者はファシリティマネジャー資格更新ポイントを1講座につき1ポイント取得できます。
 ご希望の方はセミナー当日ポイントカードをご持参ください。ポイントカードをお持ちでない方は、当日受付にて新規交付を受けられます。

※定員制のセミナーで「定員満員にて受付終了」の表示があった場合でも、キャンセル等で空きが出ている場合もございます。一度事務局までご相談ください。

[WS0507] 2017/05/24(水) JFMA賞シリーズ-1【見学会】 [ JFMA会員限定:20名限定 ]

【見学会】 株式会社 フジクラ本社 見学会

【概 要】
第11回JFMA賞 優秀FM賞受賞 「FMによる健康経営の実現」〜FHABを中心として〜

株式会社フジクラの健康経営と連携したFMを2011年から継続している事例。
経営者は社員の健康増進・疾病予防を経営課題と捉え、中期経営計画に盛り込んでおり、健康経営との連携では社員の健康づくりを促進する場とそれを生み出す活動をFMと位置づけている。
健康経営の数値化、見える化に意欲的で、先進的な試みであり、スタンディングデスクも導入している。
健康づくりに加えて、働きやすさ、生産性向上も掲げており、健康経営を推進しながら他のFM課題への取り組みに発展が期待されることが評価された事例です。
現場の見学とその内容をご紹介頂きます。
 
【集合日時】5月24日(水)15:00〜17:00(集合時間 14:50 厳守 願います)
【集合場所】株式会社フジクラ 本社(東京都江東区木場1−5−1)地下鉄東西線「木場」駅下車徒歩5分程度

※ JFMA会員限定 先着順20名(1社1名でお願いします) ** 必ず事前申込をお願いします **
※ 参加費 2,000円は、見学会当日に請求書をお渡ししますので、後日お振込ください。
 

【時間】15:00〜17:00 【場所】株式会社フジクラ本社 【参加費】JFMA会員限定:2,000円
 

[WS0508] 2017/05/31(水) JFMA賞シリーズ-2

【テーマ】 第11回JFMA賞 技術賞受賞
 「輻射空調による快適性と省エネの両立ができるワークプレイスの実現」

【講 師】 (株)トヨックス 環境空間事業部 岩田 博樹 氏

【概 要】
近年、快適性と省エネ性の両立ができる冷暖房方式として、日本でも徐々に輻射方式の採用が進み、現在、病院、大学校舎、オフィス等84件の実績がある。特に水を熱媒とした天井輻射パネル方式は、従来の対流型空調のドラフト感のある冷温風による冷暖房とは全く違い、人体に対して輻射パネルで直接的、または間接的に熱交換することで、ストレスの少ない中立的な冷暖房の環境を提供することが可能となる。
同方式はヨーロッパを中心に普及し、日本では高温多湿気候による結露の問題や暖房能力の問題などがあったが、除湿技術の向上や照明のLED化、OA機器の省エネ化が進んだことや、建築外皮の高断熱・遮熱化および高気密化も図られるようになり輻射空調方式が適用できる状況が整い、省エネ、LCC削減、健康経営志向の経営環境の中でのワークプレイス計画にFMの狙いを実現する空調技術の一つといえる。
今回、JFMA賞技術賞を受賞された株式会社トヨックスの輻射空調開発の経緯、輻射空調のメリット、導入事例、特長だけでなく、業界動向も合わせてご紹介頂きます。

【時間】18:15-20:00 【場所】JFMA会議室【参加費】会員2000円/非会員3000円
 

[WS0509] 2017/06/14(水) JFMA賞シリーズ-3【見学会】 [ JFMA会員限定:20名限定 ]

【見学会】 コニカミノルタ 株式会社 研究開発棟 見学会

【概 要】
第11回JFMA賞 優秀FM賞受賞 「FMによる価値創造を目指した研究開発棟(SKT棟)の構築」

コニカミノルタ株式会社の研究開発棟のワークプレイス改革にFMを取り入れた事例。
同社の日本での事業が研究開発中心にシフトしており、その拠点づくりとして研究開発棟が位置づけられている。計画開始した2013年からFM組織体制整備が整い、2014年竣工した研究開発棟ほか数か所のワークプレイス改革を実施。
経営戦略と直結したワークプレイス改革、経営企画担当がFMの重要性に気付き、自らFM組織を立ち上げ統括マネジメント体制を築いたことが評価された事例です。
現場の見学とその内容をご紹介頂きます。
 
【集合日時】6月14日(水)14:00〜16:00
【集合場所・時間】
 集合場所:JR中央線「豊田」駅北口 北上して右側「多摩信用金庫(豊田北口支店)前」に集合してください
         (参考:中央線(中央特快 高尾行)東京駅12:29発 → 新宿12:44発 → 豊田13:15着)
 集合時間:13:25 厳守でお願いします
         (13:37発のコニカミノルタ様専用バスに乗車して現地に向かいます(乗車時間約10分))

   ※もしやむを得ず遅れた場合は、タクシー等で現地にお越しください
     コニカミノルタ株式会社(東京サイト八王子):東京都八王子市石川町2970
   ※帰りは、現地16:25のバスに乗車して豊田駅にて流れ解散となります(16:35予定)

※ JFMA会員限定 先着順20名(1社1名でお願いします) ** 必ず事前申込をお願いします **
※ 参加費 2,000円は、見学会当日に請求書をお渡ししますので、後日お振込ください。

【時間】14:00〜16:00 【場所】コニカミノルタ株式会社 【参加費】JFMA会員限定:2,000円
 

[WS0510] 2017/06/28(水) JFMA賞シリーズ-4

【テーマ】 第11回JFMA賞 優秀FM賞受賞
 「文化財として保存した庁舎の活用とFMサイクルの浸透」

【講 師】 愛媛県 鬼北町役場 総務財政課長補佐兼管財係長 善家 直邦 氏

【概 要】
愛媛県南西部にある高齢化率約43%の人口1万人強の町役場がFMに取り組んでいる事例。
庁舎の建替えを検討していた鬼北町は1958年に竣工した町役場を登録有形文化財として活用することを決定し、建替え費用と比較して安価での改修を実現したほか、併せて、職員の意識改革、窓口ワンストップサービス等のワークプレイス改革、紙書類の削減等も進め、今や町おこしの拠点となっている庁舎再生への取り組みについてご紹介いただく。
鬼北町では、庁舎改修に留まらず、廃校校舎の活用として企業誘致、JR・バス施設を歯科医院への転用、旧法務局をケーブルTV局への転用等官民を問わず、既存施設の有効活用を積極的に行っている点も高評価を受けた事例です。
行政機関の事例ではありますが、民間企業にも参考となるヒントがあると思われますので、この機会に是非ご参加下さい。

【時間】18:15-20:00 【場所】JFMA会議室【参加費】会員2000円/非会員3000円
 

 

お問い合せ

ウィークリーセミナーに関するお問い合わせは下記までお願いします。

公益社団法人 日本ファシリティマネジメント協会(JFMA)
(担当)  倉田
 〒103-0007東京都中央区日本橋浜町2−13−6 浜町ビル6F
 TEL:03−6912−1177 FAX:03−6912−1178
 E-mail: seminar@jfma.or.jp